カテゴリー
世界情勢

WWIII

WWIII

ここ日本は平和な国だ。
それだけは胸を張って言える。
平和とは、幸せだ。
(その幸せの中では、わたしたちは幸せと感じないから不思議だよ、、、)


冬は寒くて夏は極暑いが、食べ物は美味しいし人々は(ほぼ)親切だ。
クリスマスから除夜の鐘、年越し、初日の出、お正月、年始、、悲しいニュース、楽しいニュース、辛いこと、毎日いろいろあるが、総じて日本は平和だ。
みんなが平和だと思っている。
思わされている。

 

でも、たまには外の世界、海の向こうの日本以外の世界にも目を向けよう。

イランでは、革命防衛隊の実力者として知られる カセム・ソレイマニ司令官 が、バグダッドで空爆を受けて死亡した。
米国防総省は、トランプ大統領の命令によるものだと発表し、大統領自身もソレイマニ司令官が、米国側への攻撃を計画していたとして 「戦争を止めるため」攻撃したと語った。

イラン側は強く反発。最高指導者アリー・ハメネイ師は、「報復」すると宣言した。
対して米国も、米軍部隊3500人を中東地域に増派する方針を明らかにした。
バグダッドにある米国大使館は、イラクに滞在する国民に国外退避を呼び掛けた。

緊張はますます高まっているようだ。
この事態が大規模な局面への進展(武力による衝突)に陥らない策は無いのだろうか。


悲しい事実だが、世界では今も紛争が絶えないのだ。
戦後75年。
日本では戦争は起こっていない。
まだ起こってない。
戦争の火種が日本に飛び火してきたら、あなたはどうするの、、、?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA