上から目線のワークマンプラス女子へ

2020-11-16

今日は書くことがない。

そんなこと言うな。
毎朝の日課じゃないか。

365日分だから、365回分のストックがあれば、くり返し使えるじゃないか。
いや、その半分でもいい。
昔のことは、みんな忘れてるから。

今夜は、久しぶりに夜歩きに出た。(夜ウォーキング)
いつもなら、この時期だと そろそろ走り&歩き納めになるんだけれど。

じつは、目的はワークマンで超薄手の手袋の購入。
グリップカヴァーに普通のグローブではすんなり入らない。
これでは救急時に危険と判断。
もっと薄手を探した。

値段は破格値。
これでいいさ。

以前も書いたけど、ワークマンは朝7時から夜8時まで営業している。
朝は通勤前に寄れる時間だ。
夜だって就業後に寄れる。

常に利用者第一で店を開けてくれている。
仕事人にとっては、とてもありがたい。

このポイントは非常に高い。
かつて、このタイプの店は無かった。
いまでも、ワークマンだけだ。
ワークマンのペルソナ設定は、どんぴしゃでわたしになっていると思うほど。

しかも、いうまでもないが低価格&まぁ高品質、斬新なラインナップ、暖かく蒸れず薄い。

それでいい。

コロナ禍のいま、ワークマンの一人勝ちが続くと読む。



ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか