Twitterの280文字の中には、いろんな変人が隠れている

2021-01-01

Twitter bird

急激に眠い。昨夜は早く寝たのに。今朝早起きしたのが原因に違いない。

それにしても、twitterには変なやつ、オモロイやつが多い
平均して30代前後の利用が多いそうだ。
 
 
40代中心の同窓会的なfacebook(日本では横這いだが、欧米では根強い人気がある。ザッカ―バーグの未来予知力は凄い)とは違い、また20代が圧倒的なinstagramとも違う。
ちょうど中間的な位置かも。

WhatsupWeChat などの大手SNSの文化は日本ではなぜか少ない。
(海外では無料電話がウケたようだが、スタンプがない無味寒村としたアプリは日本では流行ってない)
 
 
悲しいことに、欧米では人気が激落ちのTwirrer。
一時は身売りも考えられたらしい。
amazonのジェフ・ベゾスが買収かとも報じられました。
現在はトランプ大統領の公式声明通知ツールになりつつある。
 
 
実名不要のTwitterには匿名だからこその色々な考え方の人がいる。

・ネガティブ
・クレイジー
・口悪
・メンヘラ
・あざとい奴
・頭の中チンコな男
・ピュア純情
・何でも計算できる人
・芸人みたいな人
・仕事辞めたい人
・ぶっ飛んだ教員
・ニート
・フリーター
・たまにごくごく普通の人
 
 
280文字の中で人は何を呟こうとしているのか。

それは何を表現したいかと同じ

なにを求めているか、と同意語。
探しているのか?
その探し物は、なに?

数年前のインタビューで矢沢永吉が言っていた。

「世の中は自分のやりたいこと探したもの勝ち」

 
 
寄り添うツイッター わたしがキングジムで10年運営してわかった「つながる作法」

Twitterの教科書: ~半年で9000人に集まってもらった筆者が伝える、人が集まるアカウント~

2021-01-01SNS280文字,Twitter,変人,探し物