カテゴリー
映画

「トゥモローランド」 TDLが休園中でも行った気分になれる映画をブッタ斬る!

こんにちは。

悲しいことに、新型肺炎の影響でTDL、USJ、サンリオさんまでも休園期間が延長されてしまいました。
せっかくの春休みなのに、みんな楽しみにしていたのに。
ほんとうに残念です。

しかし、仕方ありません。
恨むなら、新型肺炎の蔓延を憎む。。。。

だったら、せめてTDLへ行った気分になれそうな映画ないかと探してみました。
お勧めの映画が、この作品です。

トゥモローランド (2015)

原題 Tomorrowland(明日の国)

トゥモローランド (字幕版)

ディズニーパークにあるテーマランドと同じ名前です。

実は、わたしはまだディズニーランドへ行ったことがないんです。
これ、ほんと。
どうも、人混みが苦手で、、、、。(笑)

 

わたしの採点表 ★★★★☆

わたしの採点表は5点中4点

評価は甘いです
ええわかってます。

しかし、この映画に映像化された夢のようなワクワクする未来都市は、子供心をくすぐるに充分です。
こんな世界が実現したらなぁ。。
実現してほしい未来。
その理想のような映画でした。
特に飛行シーンは圧巻です。

 

簡単なあらすじ

(ネタばれ防止のため冒頭部分のみ)

 

tomorroworld

引用元:https://www.imdb.com/title/tt1964418/mediaviewer/rm1534654208

 

グレイハウンドのバスに乗って、重そうな荷物を背負った少年フランクが降り立った。
ここは、1964年のニューヨーク万国博覧会の会場。
発明家コンクールの会場へと向かう。
自分で発明した空飛ぶ「ジェットパック」を受付に見せる。
考え深げな顔の受付の男。
そこに突然、少女アティナが現れる。
「これ、あなたが自分で作ったの?」
「ああ、そうだよ」
「なんで?」
「そうだな、何だってできるって勇気を示すためさ」
ところがジェットパックは、まだ未完成。
残念なことに、出品を辞退させられてしまった。

 

失意の面持ちでイノベンション会場にたたずむ少年。
すると先ほどの少女がやって来る。
「ねぇ、あっち見て」
ティナは少年の手に綺麗なピンバッジを渡す。
「きみ、誰なの?」
「わたしは未来よ」
フランクな立ち上がり、謎の少女アティナの後を追う。
彼女もそれを楽しんでいる。
(この時、カメラがフランクを追いかけて、またフランクの視線になって縦横無尽に動く。この躍動感のある撮影が素晴らしいです)
無人のボートに乗り込んで、そのままトンネルの中へと入ってゆく。
そこは、イッツアスモールワールド。
一筋の明かりがフランクを捉える。
胸に付けたピンバッジが輝く。
突然ボートが止まり、未知の世界への扉が開く、、、。。

 

監督と主演

監督はブラッド・バート
もともとアニメーターでした。
初の実写作品「ミッションインポッシブル:ゴイーストプロトコル」は、ドバイの高層ビルをよじ登るトム・クルーズに手に汗握りました。

 

ミッション:インポッシブル/ ゴースト・プロトコル (字幕版)

 

主演は
ブリット・ロバートソンと、ラフィー・キャシディ
(このさい、クルーニーは置いときます)
二人のキュートさが、この映画の魅力を増大させているのは間違いない。

Tomorrowland2

引用元:https://www.imdb.com/title/tt1964418/mediaviewer/rm3928212736

(左から、クルーニー、バード監督、ブリット、ラフィー、ローリー)

 

おすすめの個人的理由

じつはブリット・ロバートソンの映画が面白い。
いつか紹介する犬好きの、犬のための、犬による映画「僕のワンダフルライフ」にも出演しています。
主人公の恋人役でした。

僕のワンダフル・ライフ (字幕版)

 

わたしは「ビハインド・ザ・シーン」(略してBTSと言います。つまり製作の舞台裏ですね)
これが大好きです。

映画を観終わったあとで、その映画の余韻を違う角度から再体験することができるからです。

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。