大渋滞の雪道 備えあれば憂いなし

snow trafic

まったく、困ったときはお互い様だ。

この言葉は、いい言葉だと思う。
 
 
新潟の関越自動車道の大雪による立ち往生の車は、約1000台以上。
ずーーーっと車中で過ごしている人がたくさんいます。
(現在はやっと解消した模様です。よかった。この原因を解決しなければまた同じこと)
 
 
そんな中、偶然同じ高速道路で立ち往生していた新潟の菓子メーカー・岩塚製菓のトラックには、たくさんの煎餅やお菓子が積まれていた。
ドライバーから食べるものがないとの連絡を受けた会社は、じゃぁ車の中のお菓子を食べてもいいとの指示が出たそうです。
同じように立ち往生して困っているドライバーに配ってイイと。
彼は荷台に積まれた煎餅やお菓子を持って、雪のため立ち往生して困っていうる他のドライバーや同乗者に配りはじめた。
 
 
なんて粋な菓子メーカーなんだろう。

岩塚製菓さん、涙出たよ。

この精神は島国根性なのかもしれない。
いやいや、そんなことはないだろう。
困ったときは国の違いなどないはずだ。
助ける余裕がある人が、手を貸すのは当たり前なんだ。

そんな普通のことが、なぜか嬉しくなるような現実が寂しいなぁ。。。。

日本は、まだまだ捨てたもんじゃないよな。
国土面積が世界の0.03%だけかもしれないけど、大きな暖かい心をみんな持ってると信じたい。

そんなこと思った。
 
 
こんな感じで、わたしのブログはときどき銭儲け以外の話題で盛り上げることがあります。
金銭目的だけの方は、別のサイトをご訪問下さい。
 
 
さて、同じように高速道路で(悲しいことに日本の高速道路は高架になっている。あたりまえか? いやいや、豪州じゃ高速道路は平地だよ。いつでも道路際へ避けて停車できるし仮眠もできる)雪渋滞に閉じ込められたらどうすればいいの?

極端かもしれないが、一日分の軽い食料と水を確保してから移動しよう。

SAがいつも空いているとは限らない。
SAで補給できるとは限らない。
 
 

携帯トイレを準備する。

トイレは都合よく見つからない。
 
 

ガソリンは小まめに満タンにしておこう。

しかし高速道路は少し高い。
入る前に料金所手前のスタンドで満タンにしておく。
 
 

この季節なら保温のために十分な防寒着対策をしておこう。

もしエンジンが掛からない状況なら、すぐ寒さが襲ってくる。
車は鉄の塊だから保温はできない。
室内でも外気と同じぐらい冷える。
手袋、軍手、小型ライトもあると便利。
 
 

携帯の充電は小まめにしておこう。

バッテリーが上がったら情報収集のためのラジオやテレビは観れない。
外部との連絡ができない。
 
 

一酸化炭素中毒に注意する。

マフラーの雪による詰まりを防止するために、定期的に雪掻きをすること。
排気ガスが車内に入って来るのを防ぐ。
ホッカイロ、スコップ。
不必要にエンジンを掛けない。
 
 

定期的に外へ出て、腰や足を揉む。

血流が停まってエコノミー症候群になるのを防ぐ。
 
 

出かける前に天気予報を確認する。
無理な遠出を避ける。

年末年始も遠出はご用心。
自粛って言われても、どうせ行くんだろ!

【Amazon.co.jp限定】 GENTOS(ジェントス) LED 懐中電灯 【明るさ26ルーメン/実用点灯10時間/防滴】 単3形電池1本使用 パトリオ6 GP-6BK ANSI規格準拠

【2020最強版】電熱パンツ ヒーターズボン 6箇所発熱 腰・腹・膝・足首同暖 USB給電 3段温度調整 防寒ズボン 撥水生地 発熱パンツ 防寒 ベルト調整可能 (ブラック, XL)