これから大成長するシニアビジネス

高齢者ビジネス
シニアビジネス

日本は超高齢化社会

2055年まで高齢者の人口が増え続ける

国民の5人に1人は高齢者

およそ3000万人が高齢者

介護と必要としている方500万人程度

高齢者ビジネスは社会にとって必要
社会貢献になる

 

高齢者ビジネスとは介護ビジネス
もちろん趣味娯楽に渡るものまで様々

ターゲットを明確にする
これはビジネスの全体の基本

ターゲットの明確化が必要

高齢者が様々なニーズを持っているが投資的なイメージがある
が実はそうではなくトレンドに敏感

積極的に新しいもの取り組もうと考えている方が多くそのニーズを満たす必要がある

推計では2010年頃の人口ピークとして2020年頃から人口が減少していくと予想されている
しかし一方高齢者は年々増加
65歳以上の高齢者が2013年には25%後2006年頃には何と40%が高齢者

現在4人で一人の高齢者を支える時代になった

超高齢化社会
総人口に対する65歳以上の割合は21%を超えた社会のこと

2017年日本の人口の27.3%が65歳を超えている

単純計算で約3500万人が65歳以上

高齢者向けビジネスの需要はますます高。

 

生きがいとは何か

これが私の生きがいですと堂々と言えるものがあるか

生きがいを満たせないという時期もある
仕事や子育てが一区切りついた深夜にこそ生きがいは持って過ごしてもらいたい

生きがいを持つということは健康状態と密接な関係があるためだ

生きがいを持っている人は死亡率は心血管疾病のリスクが低い

生きがいを感じながら前向きな気持ちで生きること
健康上のリスクが軽減され学びや経験も得ることができるので

あれば新しいことにチャレンジしたいという気持ちが高。

やることが見つからなくてただぼんやりテレビを眺めているだけの人もいるでしょう

 

人生100年時代

退職後も長く生活していくことになります

是非趣味を見つけましょう

健康維持や認知症予防を積極的に行うこと

ウォーキング
ジョギング
水中ウォーク
旅行
温泉巡り
ボランティア
習い事