カテゴリー
学業 生き方

今年の夏休みは短し、しかし授業は長し!

夏休みが短い

各地域によって振り分け方が違うけれど、いつもより短いのは同じ。
新型コロナの影響で臨時休校が長引いたためだ。
生徒も、先生も、家族負荷増も大変だ。

しかし考えてみれば、それほど詰め込み授業は大切なのか??
遅れを取り戻すのに必死、、、なの?
猛暑、酷暑の8月に授業。
エアコンはあるか、通学時の暑さ対策は?
熱中症のリスクなど、、、、。

そういえば、9月入学の案も、どこかに立ち消えてしまった、、。

ここまで教育?に熱心な国は他にあるのだろうか?
(すべては入試のためなのか、、、)

イギリスにはサマー・ホリディが、6月、7月、8月とある。
確かに学力は落ちると思う。

人生はそれだけなのか。
時間はたくさんあるじゃないか。

家庭環境や所得の格差によって補えるバランスが違うんだろう。

学校は全てではない。
子供たちの教育が、学校で全てではない。

しかし夏休みは始まっている。
まだ答えが出ない。

夏休みの存在意義は何だ。
夏休みは必要、不要?