その現状に満足して、無人島に行けるか?

2020-11-15

evolution

なにかをやり終えて、完成だと思った瞬間から進歩は停滞する

人は完成形を(完璧なものを)求めるものだけれど、自分の満足感だけで完成だと思わないこと。

完成した、終了した、やり遂げた。
そう思ったら要注意する。

自分には、もうそれ以上の進歩はない。

でもそんなことしてたらキリがない?
いつまで経っても先が見えない。

いったん、区切りをつけると考える。
また再度、その位置から始めよう。

もう一度考え始める、やり始める(繰り返す)ことは無駄じゃない。

考えてみれば、ブログだってそれに近い。
こうだ、ああだ、でもよくよく考えてみれば、こう解釈もできるし、そこは、こうだった、なんてこと何度もある

ものの捉え方、考え方は人によってさまざま。
それこそ数百通りの方法、考え方があっていい。
そのどれかが正しくて、どれかは正しくないかは、誰にも言えないはず。
だって人生色々なんだから。

完成したと思う後で、もう一歩進めて前を見ることが大事。

まだやれることは残ってないか?

もっと改善することはないか。
もっとよくできないか。
使ってみて不便だと思うことはないか。
第三者の立場から見てわかりやすいか。
首尾一貫しているか。
方向性は統一しているか。

現状に満足しない。
完成したら満足しない。
現状維持は、停滞と同じ。

常に進化を探す。

働かないアリに意義がある! (コミックエッセイ)

別冊NHK100分de名著 読書の学校 池上彰 特別授業 『君たちはどう生きるか』