カテゴリー
映画

「2分の1の魔法」ディズニー公開延期中の魔法の映画をブッタ斬る!

こんにちは。

この映画は新型コロナウイルスの影響で、当初の日本公開時期を延期しています。
現在公開未定です

いったい、いつまで続くのやら。
米国では政府の要請で、ほぼ全ての映画館が閉鎖されました。
映画業界は深刻なダメージを受けそうです。
または、映画そのものの観かたが変わるのかも???

 

さて、思春期の男の子にとって父親の存在は大きいと思います。
彼が生まれた時に、すでに父は亡くなっていました。

内気な少年と魔法オタクの兄が、亡くなった父親再生の(?)冒険をするお話。

今日は、この映画です。

2分の1の魔法(2020)

原題 Onward(前へ)

onword3
引用元:https://www.imdb.com/title/tt7146812/mediaviewer/rm1594790145

 

この映画は、「トイ・ストーリー」などで有名な、ピクサーの作品です。

toy4
トイ・ストーリー4 (吹替版)

 

 

わたしの採点表 ☆☆☆☆★

わたしの採点表は、4点です。

近代化している魔法の国ですが、まだ少しだけ残されている力によって、いまは亡き父親と短い時間を探す兄弟。
物語りのベースは、監督の幼少期の体験から得られているそうです。

簡単なあらすじ

(ネタばれ防止のため冒頭部のみ)

ここは魔法の国。
ユニコーンが自由に空を飛び、ケンタウロスが山々を駆け、湖には人魚が泳いでいる。
妖精が舞い、山の頂には魔法使いが杖をもって立っている。
洞窟の中には聖杯を守る巨大な緑の竜。
魔法使いたちと勇者のクエスト。
冒険の旅だ。

修行中の一つ目の若者が、キノコの家へ戻って来る。
しかし、今や電気で明かりをつける時代になった。
スイッチ入れるだけで簡単。
ガスコンロも、暖炉も、リモコンで自由自在。
妖精たちはゲームマシンで遊び、人魚は箱庭プールでスマホを触っている。
飛行機が空を支配し、大量生産、高速道路は車でいっぱいだ。
街には高層ビルが立ち並ぶ。
魔法は少しづつ忘れられていた。

 

郊外の一軒家。
彼は、耳がとがったエルフ。
名前はイアン
今日が16歳の誕生日。
ちょっと内気だ。
ドラゴン犬のブレイジーがじゃれついてくる。
口から火を噴くため、水をかけて消化。
朝食はコーンフレーク。
(米国の定番だ)
イアンは高校へ向かう。
途中のバーガー・シャイアで朝食を摂る。
(シャイアはホビット族が住む場所の名称)

 

手帳にメモする。

新しい自分へ
■もっと話す
■運転を学ぶ
■パーティに参加する
■父みたいになる

 

でも、実行するのはなかなか難しい。
寂しくなると、いつも父の声が入ったテープを再生する。
写真でしか知らない父。
会ってみたかった。
母から、16歳になったら渡すよう父から言われたモノがあった。
それは不思議なスペシャル・ギフト。
添えられた手紙には、メッセージと復活の方法が書かれていた。
憧れの父に会えるのか、、、。

 

監督、脚本

イアン・ライトフットの声は、
スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム (字幕版)トム・ホランド、


兄のバーリー・ライトフットの声を、
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス (吹替版)クリス・ブラット

 

このライトフットという名前で思い出す映画が一つありました。
不世出の名匠マイケル・チミノ監督、イーストウッド主演「サンダーボルト」です。
この原題が「Thunderbolt and Lightfoot」(稲妻と軽い足、主人公二人の名前)
劇中、ライトフットが女性に、
「ライトフットって名前、ダサいわ」
と言われる場面を思い出しました。

lightfoot引用元:https://www.imdb.com/title/tt0072288/mediaviewer/rm2021571328

U-NEXTで映画「サンダーボルト」を観る

日本語版の吹替えは、
イアンに志尊淳、バーリーに城田優、母親を近藤春菜などになっています。

日本版エンド・ソングは、スキマスイッチの『全力少年』です。

 

おすすめの個人的理由

再生しかけた父と、初めて足だけで会話?する場面。
なぜかジーンと来てしまいます。
イアンの心中を考えると同調してしまいます。
はたして、下半身だけで意思疎通ができるのでしょうか???
そこも楽しみの一つです。
でも、さすがピクサー作品。
期待を裏切りません。

 

Wikiによると、
ダン・スキャンロン監督は、
「1歳の時に亡くなった父親と、僕たち兄弟の関係からインスピレーションを受けている。
大切な人を失くした経験は誰にでもあるはずだ。
その人と1日だけ一緒に過ごすことができたら、、、それは素晴らしい出来事になると思う。
イアンは内気でシャイで自分に自信がない少年だけど、彼はお父さんに会うために勇気を出して自分を信じるんだ。
二人の旅を通じて成長していく姿は、誰もが共感できると思う」

ロード・オブ・ザ・リング (吹替版) の主人公ホビットたちは、一日6回食事をするそうです。
御馳走は二回食べるのだとか。
なので、序盤のバーガーシャイアの場面は面白いです。

この映画のトリビア

ピザプラネットトラックがトロールブリッジの通行料のシーンに登場します。

 

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。