カテゴリー
働き方

備えあれば憂いなし

上司が不在になってから一週間が過ぎた。

天手古舞(てんてこまい)という言葉があるなら、その通りの騒がしさとなった。

基本的なことは他と何ら変わりない。先のスケジュールを見て次の仕事を指示するだけ。
その慌てふためく様子を、わたしは対岸から眺めているだけだけれど。

いろいろな時限爆弾?が仕掛けてあるらしい。
進捗のファイルがどうしても見つからない。あるべきファイルなのに、、、。見たいファイルにパスワードがかかっていて開かない。
個人独特の管理方法、処理方法などが引き継ぎされなかったため暗中模索状態。

その結果、代替えの臨時上司は独自の管理ファイルを一から作ることにしたようだ。
探していても時間は過ぎてゆく。だったら、作ったほうが早い。標準外の出来事には、その都度対応する。

では、ここから何を学んだか。

突然、上司がいなくなったらどうするか。(病気、事故など)

必要なファイル、パスワードは部下に教えておく、訊いておく。
日々の管理業務(出社してきてから退社するまで、朝昼晩)、一週間の管理業務(月〜金)、月の管理業務などの「やっているリスト」を作っておく。

日々入力しているファイルのリスト(場所)を明示しておく。

後工程、前工程、技術部門、顧客などの連絡先リストを作っておく。

オレは大丈夫、、と言い切れるだろうか?

何があってもおかしくない。通勤途上での交通事故、雨風による列車の遅延など。
もしものときに、を予め備えておくことは、仕事のみならず日常生活においても大事なこと。

そろそろ台風シーズン到来。非常食、避難場所、緊急連絡網、設備・荒天準備など。

日頃からの備えを怠らず。

生きるのが下手な人へ

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法