感動の年賀状じまい 今年こそ決断、か!

2021-01-04

Mr.postman

年賀状は、年々発行枚数を減らしています。

いっそ、年賀状じまいにしよう。

なんか悪癖な気がしてきたよ、年始の年賀状は。

2021年年賀はがきの当初発行枚数は過去最低。
どんどん記録更新しつつあるという。
いったいどれだけ減少したのだろう。
メールやSNSの時代に、紙に年賀状なんて廃れるばかり、、、。

年賀状離れ

経費削減による年賀状廃止・社員名簿廃止などの要因で、発行枚数は毎年減っている。

結論として、もう出すの止めよう。
めんど臭いことはないんだけれど(印刷屋さんに表裏お願いしてますし、一筆添えるのも大好きです)
しかし、年始ぐらいは一般の俗世と接触を断つ。
そのくらいの覚悟です。

これ、本当に必要かな?
悪癖じゃないか。
年始の挨拶なんだけど、機械的なのが多いのは仕方ないのか?
だったら、はっきり、出すな。

意味あるのだろうか

もちろん意味はある。
それは相手への思いやり。年始の挨拶。

いや、いや、いや、、、。
元旦の退屈な一日。
初日の出からの、お節料理(手作りの家庭は少なそう、、、)、ありきたりの正月番組、お笑いばっかりで変化ない、、、、
元旦の年賀状の楽しみ。
ほんの一時だけの楽しみだ。
来たな、、、来なかったな、また明日か、、、
裏には幸せそうな家族写真。
またお会いしたい、ぜひお茶しましょう、という二度とないであろう決まり文句。

年賀状が相手への思いやり。
なるほど説得力がある。
しかし機械的な文面、型通りの絵柄。機械的でビジネス的な挨拶。

想像すると、パソコンへ打ち込んだ住所録を印刷会社(自前のプリンター)で機械的に刷っているだけ。
そのままポストへ。
自筆の添え書きも無し。

紙の無駄じゃないか。
これが、相手への思いやり?

たぶん、出してる方も、いつ年賀状終りにしようかと考えてるに違いない。

そろそろ手元も薄い歳となってきました。
今年で年賀状じまいといたします。
今後も変わらぬお付き合い、よろしくお願い致します。

てな感じでどうだろうか。

しかし、しかし、しかし

ところが、こんなところにコロナの余波。
なんと新型コロナの影響で帰省できない事態になってきた。

その代わりに、年賀状を送ることが俄かに復活の兆しらしい。
災い転じて、まさにどう転ぶかわからない。

嬉しいやら、複雑な気分。

後悔しない「年賀状終活」のすすめ

孫と私のケッタイな年賀状 (文春文庫)