この感染者数は満足できない、こともない

2020-12-12

HIKISIMEYOU

今夜はちょっとだけ積読本を読んでから早めに就寝しようかと思っていた。

TVなどでも、やたらとGoto事業がどうのとか、感染者数が過去最大とか、自粛要請、閉店時間切り上げなどの報道を聞く。
それでもまだ菅総理が重い腰を上げないとか、ちょっとそれじゃ困りますとか。

諸外国の感染者数から見れば、日本はそうとうに検討している。
それも優秀なほど。

米国やインド、ロシアなどの感染者数を目で確認してほしい。
まぁネットでGoogleしてもいいけれど。

米国    15,598,872
インド    9,796,769
ブラジル   6,781,799
ロシア    2,597,711
フランス   2,351,372
英国     1,809,455

日本      173,128

(2020.12.12)

日本とは桁が違う人数だ。
二桁も違う。
もう恐怖以外の例えができないほど。
それでも増加傾向なのだ。

日本での回復率は83%だが、死亡率は1.45%
この数字をどう考えるか。

そんな状況なら、やや強引でもワクチン接種に踏み切る決断には意義があると思う。
副作用は想定内の誤差のうちかもしれない。

もうそれ以上に頼れるものがない。

外出自粛も三密回避もマスク着用も、個人の自由だとか言われれば強要できない。

日本はまだいいと思う。
家族が、または世間体が、社会全体の風潮がという理由で協力的に動ける人が多い。
この気持ちは日本人だからこそと思う。
(四方を海に囲まれた島国根性なんだろうな、、、)

自由とは難しいなぁ。

なんてこと考えてたら、また眠れなくなりそう。

感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた (コミックエッセイ)