カテゴリー
健康管理 生き方

お尻愛の治療 経過レポート①

(この経過レポートが、どのような病なのか、勘のいいあなたなら判るはず)
(日本人の3人に1人は持っているらしい)

昨日、一カ月ぶりにクリニックへ。
塗り薬の補充のつもりで、なにげに気楽に訪れてみたものの、
「ずいぶん久しぶりだねぇ~」
の一言から会話が弾み、
「とくになにも。ときどき不愉快になります。たとえば疲れた時、長距離ドライブとか、、、」
そして、
じゃぁ、いっぺん見せて
に変わった瞬間の恐ろしさといったら、そりゃ形容できないほど驚き。
顔面サーーッ、である。

少しだけ予兆はあった。
一カ月以上も間隔があいてるのだ。
医者としては患部を診察してみたい欲求があるのだろう。
(もちろん医者としての倫理的に

しかたないのでベッドに横向きになった。
しずしず下着を下ろして。

わたしの心の声。
(「、、、うぅ、う、うぎゃーーーー!!」←ここまで酷くはないけれど)

その後は無言の静寂。。。。
なにものにも代えがたい静寂感と多幸感が、わたしを包む

身支度を整えながら、
「長いお付き合いになりそうですか、先生?」
「いや、あんたは酷くない。薬で小さくしよう
とのこと。

あくまでも手術は勧めない方針。

4週間分の薬を処方。

薬局のおばちゃんも顔なじみ。
「痛みはあるの?」
「ぜんぜん無いんです」
「そりゃよかったね (* ´艸`)クスクス」

よかったかどうか、、、。

処方された薬は二種類。

ヘモナーゼ、ヘモポリゾン。
どちらも「へモ(痔核の意味)」が付く名前だ。
屁かと思ってた。

とにかく、また一ヵ月後だ。
お楽しみに。

ヘルスケア座布団 健康クッション 低反発 腰痛対策 坐骨神経痛 姿勢矯正 痔疾ケア