カテゴリー
ブログ 働き方 学業 生き方

できるだけのことを、できるだけやると、何か先に見えてくる

できるだけのことを、できるだけやる
それって、いい言葉だ。
「頑張れ! ガンバレばできる! なんとかなる!」そういう、もやっとした元気主義な他人本位な言葉じゃなくて、こう言ってくれることが嬉しいね。

しょせんはデキるだけのことしか、デキないんだから。
それ以上を求められても拒否反応が起こってしまう。

自分というものは他人とは違うのだ。

平均値のレベルを求めて、平均以下だと、努力が足りないとか、甘えているとか、役に立たないとか。
勝手なシールを貼って排除しようとする。

みんな同じ考え、同じ痛みの深さ、同じ悲しみ、同じ生き方。
じゃないんだ

それが、なかなか他人は理解されない。
わかっているんだけど、行動は無理解。

まず、他人は自分とは違うんだ。
そこから入ると分りやすいと思うんだけど、
なぜか、人はみな同じ、ってとこから入ってしまう。

いろいろな生き方があっていいんじゃないかな。

do everything I can(できることをする)
それでいいんじゃないかな、、。

なので2冊の本の紹介。
興味ある人は読んでみてほしい。