元気が出るわくわく感な仕事を探す

2021-01-10

Waku waku
死に物狂いで努力しろ。
がむしゃらにやれ。
今はしんどくても耐えろ。

こんな背表紙の自己啓発本を書店でよく見かける。

(いまどき、こんなこと言う企業があったら間違いなくパワハラですね)

しかし、ある程度は(適用するとこもあるので、、、)全否定はされない。

 
 

新しい世代は熱さを持ってない

たとえ持っていても、内に秘めているだけ。

努力しないのか、嫌いなのか。。。

そうではないようだ。
外から見れば、やってることは努力。

しかし努力や頑張ってる感覚がない。

頑張ってるとアピールする発想もない。
頑張ってるのに報われないと嘆くこともない。

なぜかと言うと、自分がやりたいことワクワクすることに使命感を感じることを仕事にしているから。

その仕事に没頭している。
夢中になってやっている。
長時間労働も苦にならない。
 
 

努力していると感じない働き方

我慢、やりたくないこと、避ける。

自分がやりたいのは、やりたいことだけ。だからこそ常に仕事に没頭できる

ワクワク感を維持し続けられるというわけ。

高いパフォーマンスを発揮するために必要な要素はやりたい自分がやるんだという強い衝動。
それが強烈な集中力を生む原動力となる。

充足感を得るにはやりたいという強い衝動
それを大切にすること。
そういう仕事を選ぶこと。
 
 
選べる時代になる。
。。。。する。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド