カテゴリー
健康管理 生き方

怒ることの無意味さ(自己満足に発散するだけ)

激昂しやすい先輩が、自分の性格について、

「おれは理不尽なことには、一歩たりとも引かない。納得できるまで断固、とことん喰らいつく」と言った。

一見すると、根性の入ってる筋金入りの人物のよう。
でも、妥協って人生には必要。
というか、組み込んで上手に生きたほうがいいと感じる。

しょせん、人の一生は小さい。
最盛期の活動時期は数十年だ。
楽しく生きるだけが人生じゃないが、あえて災いに向かって行く必要もない。
へんな誤解を生む要因になる。
一度誤解されたら、なかなか元には戻らない。
さらに、第三者からナリフリを見られてどんな印象を持つか。
(そんなこと気にしないんだろうけれど)

要領が悪い以前に、心の容量(キャパ)が狭い。
やんちゃな中高生じゃない大人なんだ。
激昂する以外にも道があるはず。
フラストレーションを発散しているだけの自己満足に映る。

歳を取ると、人は皆こうなるのか。
原因はあるのだろう。
将来の不安、老後の不安など、、、。

ああ、哀れ。

自分の「怒り」タイプを知ってコントロールする はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック