カテゴリー
映画

「アメイジング・ストーリーズ」スピルバーグ制作のApple TV+ のドラマをブッタ斬る!

こんにちは。

話題のApple TV+
老舗のアップルが動画配信に殴り込みをかけました。
少しコンテンツの充実度は、最後尾出発だけあってこれからかな。

でもその分、質の良さで頭一つ抜きんでてるような気がします。
ぜひとも頑張ってもらいたいものです。
なぜなら、多くの動画配信サイトができれば競合することで動画の質が向上すると思うからです。
観る側としては、これはとても嬉しい、頼もしいことです。

今日はこの映画(ドラマ)の第3話目を送ります。

アメージング・ストーリーズ ~「スーパーヒーロー誕生」 (2020)

原題 Dynoman and the Volt!!(ダイノマンとボルト)

amazing story
引用元:https://www.imdb.com/title/tt5165368/mediaviewer/rm3996891137

このドラマは、スティーブン・スピルバーグが製作に噛んでいます。
ありそうなお話なんですが、彼らしさが画面に出ている気がします。
そんな良質な一話完結のドラマです。

わたしの採点表 ☆☆☆☆☆

わたしの採点表は、満点の5点

なんとなく予想した結末だったのですが、その予想を裏切る驚きと楽しさでした。
このシリーズは得点高そうです。
今の米国ドラマは、このレベルなのですね。Good!

 

簡単なあらすじ

(ネタばれ防止のため冒頭部のみ)

少年ディランはコミックブックが大好きな少年。
自分でバットマンの着ぐるみまで作るほど。
おじいちゃんのジョーは、足を怪我したため少しだけディランの家に同居することになった。
ジョーはカエルを飼う内気な少年。
ノートにも画を描いているほど。
彼の部屋は、しばらくおじいちゃんに貸すことになった。

コミック好きなディランは友人たちから避けられはじめる。
ハロウィーンパーティに一緒に行く友達もいない。
どうやら学校生活がうまくいっていない。
おじいちゃんのジョーは、彼に幼少の頃の話をして、ディランを励ます。
ジョーも同じく漫画好き少年だったのだ。

ある日、ジョーに小包が届く。
何十年も前にワム・コミックス雑誌に注文したものだった。
彼はそれを身に着ける。
すると不思議なことが起こった。
「なんなの、おじいちゃん?」
「うわぁ~!」
「、、、なに??」
「なーーんもない。こりゃ、ただのブリキのおもちゃさ」
しかしそれは、不思議なアメージングなものだった。

主演

ロバート・フォースターは、主にTVで活躍する俳優です。
映画は「ジャッキー・ブラウン」「マルホランド・ドライブ」などがあります。

 

おすすめの個人的理由

物語りの最後に、土の中からが出てくるのがイイです。
最後まで楽しめました。
こんなドラマが作れたら、日本のTVも楽しくなるのに、、、。

 

この映画のトリビア

もとは、米NBCで『世にも不思議なアメージング・ストーリー』(原題は同じ)として1985年に放映されたリバイバルです。
(ただし物語は別物)
製作総指揮は、同じくスティーヴン・スピルバーグでした。

 

エンドテロップに、In loving memory of our friend Robert Forster
「私たちの友人ロバート・フォースターの愛深き記憶に」、とあるように、
たいへん残念ですが主演のロバート・フォスターは、2019年10月11日自宅で脳腫瘍のため逝去しました。78歳でした。
この作品は、フォスターの最後のテレビドラマとなりました。
彼が亡くなってから5か月後に放映されました。

 

forester
引用元:https://www.imdb.com/title/tt9134748/mediaviewer/rm1724497665

 

今回紹介したドラマは、Apple TV+で観ることができます。
一度、ご検討ください。

 

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。