カテゴリー
映画 生き方

人生は自分自身の興味あることを探す長い旅

興味あることは、なんでもやってみる。
どうかなぁ、似合わないよ、楽しくなさそう、、、。
そんな否定意見は全て無視していい。

だって、あなたの生き方は他人には関係ない。
あなたの行動は、他の人には影響がない。
やらずに後悔するなら、やってみて後悔しよう。
(後悔するとは限らないけど)

わたしは、こんな年になっても、
ピアノを習いたい。
英語のオンライン授業を受けたい。
絵を習いたい。
漫画家になりたい。
映画監督になりたい。
娯楽小説を書きたい。

簡単に思い浮かべてもポンポンでてくる。
欲に限りはない。

人は死を迎えるその前に、人生を振り返るという。
死ぬ直前に振り返っても、なにも起こりゃしない。
後悔しかないはずだ。

満足ある充実した人生だったろうか?

死ぬ直前まで、生きた意義を考えることだろう。
なぜ、わたしは生まれてきたのか?
長い人生で、なにを残したか。

今日が楽しければそれでいい。
平々凡々な人生だけど、幸せとは普通に暮らせて、普通に生きることだ。
特に凄く楽しいこともなく、特に凄く悲しいこともない。
それが幸せな生き方。

でも後悔は困る。
後悔したくはない。

少しでも後悔が消えるように目的に近付こう。
そのためには、行動する。
PCの前に座ってネットサーフィンしても、、、。
いま行動に移るとき。

だから、興味あることは何でもやってみよう。
カジってみよう。
食べてみないと、見てるだけじゃ味はわからん。

というわけで、今日の紹介本は2冊です。
どちらも人気作です。必読。