カテゴリー
ブログ

1%理論(オレ流理論)で考えるブログ継続方法と、その楽しみ方

なにかを始めようとした時や、新しいことに方向転換しようとした時、

おいおい、ちょっと待って。それって違うよ。考え直した方がいいんじゃない?
ちょっと、それ良くないよ、君の実力じゃ無理だから。
若いし機が熟してないから、もう少し経験を積んでからでも。。。
etc…

なんて、意見されたことはないですか?

そんな言葉に耳を傾けてはいけません

なんのプラスにもならないからです。

他人の意見一つで自分の考えが左右するようでは弱すぎますが、、、。

なにを隠そう、私もそんな気弱な人間です。
人は皆そういうものです。

若いと経験が浅いからとか、よく聞きますよね。
特にベテランの年長者から多い言葉です。
でも、こう考えたらどうでしょうか。

きわめて私的な理論

最初に断りますが、これは私の理論です。

というか屁理屈です。
(全ての人に当てはまる訳ではありません)

それは、「1%理論(おれ流)」です。

1%オレ理論

なにかやる時は1%必ずあ、というもの。

逆に言えば、1%しかいない ともなります。

1%理論

なんだ、それ???
かってに名付けるなよ。
変な名前。。。

これは、何かをやる時は、1%必ずある、というもの。

ただそれだけ。

ほんま、抽象的ですみません。
でも、これだけです。

まてまて、内容が意味不明。
もっと具体的に!

なにか新しいことを始めたり、考えたり、行動しようとすると、

必ず、「待て、駄目だその考えじゃ」「浅いよ、君は」「もっと機が熟すまで待とう」

反対の意見や、留まらせようなことを言う人が出ます。
たとえ発言無くても、心の底で考えていたら同じ。

不安要素

新しい事には常に不安があり、いまの足元を根底から揺るがす可能性を秘めています。

変化は向こう側からトコトコのんびり歩いてやってきません。

だから、自分を自分で変えてゆくのです。
(なんか、偉そうなこと言っちゃたぞ、おれ。。。。)

1%理論2

プラスの意見を言うと、必ず反対にマイナスの意見を持つ人がいるということ。
磁石と同じです。

松下幸之助の2:6:2の法則に近いのですが、ここでは、あえて厳しく1%とします。

その理由は、ネットという不確かな世界だからです。

インターネットでサーフィンしている人は、全てあなたの友達ではありません。

たとえ「いいね」や「フォロー」されていても、不確かなネット上の住人です。

1%だけが生き残れる

期待値は、1%なのです。

フォロワー増やしたい。
ネットで有名になりたい。
ネットで副収入欲しい。
成功したい。

でも、確立は1%です。

1%理論4

とても低いと思うかもしれませんが、希望はあります

継続して書き続けること

コツコツ続けることが、その1%を大きくします
(1%以上にはなりません)

その訳は、

100記事書けば1記事ということです。
しかし、1000記事だと、10記事です。
フォロアーが1万人だとすれば、1%は100人です。
1記事が100円の価値なら1万円になります。

こうすればいいよ、ああすべきだよ。
そう助言されて、実際に実行する人は1%だそうです。

ブログの世界では、神様や秘密の抜け穴はありません。

継続こそが、生き残る道

あえて言えば「継続」こそが神です。
そう思っています。

まとめとして

1%だとしても、その1%になるためにブログを楽しみましょう。

やる奴とやらないヤツ。
だったら、やる奴になろうって理論でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA